観光立国

2020年8月28日に突然の辞任発表をした安倍首相。
首相在職日数を歴代更新した直後だった。

安倍さんの政治テーマのひとつが、インバウンドを中心とした「観光立国」だった。
首相就任した2012年には、訪日客は836万人だったところ、東京オリンピックを翌年に控えた、昨年の2019年には3188万人にまで増えた。
2020年は、前年の記録を抜くことを誰もが信じていたところ、現在のコロナ禍。
インバウンドどころか、日本経済が沈没寸前と言う評論家もいる。

しかし、元々我がニッポンは、観光資源の宝庫。
歴史と文化はもちろん、交通インフラも申し分なく、何よりも世界でも一、二を争う治安のいい国として注目もされるようになった。
だからこそ、今回のコロナ禍はあまりにも痛かった。
まあ、これはニッポンだけでなく、世界規模の出来事だったわけだが・・・。

コロナ感染を防ぐ意味でも、政府並びに地方の自治体も、外出自粛を訴える事は当たり前になったが、それは旅行を控えてください・・・とのサインでもあった。
つまり、観光は控えましょう、旅行は少し我慢しましょうとの要請だった。

ところがこのままでは経済がまわらないという事で、7月下旬にGo To トラベルキャンペーンが始まったが、東京は除外され、賛否両論のスタートなったのは皆さんご存知の通り。

でも、観光業界、旅行業界に携わる方は、この機会を改めて自分自身を見つめ直すいい機会と捉え、様々なアイディアを出して、次の時代に備える準備をするところも増えてきた。
ピンチをチャンスに変える。
今はこれしかない。

「不要不急の外出は控えるように」・・・と、テレビや新聞やネットでも、このフレーズは今年何度も見た、聞いた。
しかし「不要不急」と言われても、旅は実際そうなのか?
こんな哲学的な意味を考える事もあった。

私は、ここ数年のインバウンドを起爆剤とした「観光立国」プランは、幕末のペリー来航による開国要求に続く、ある意味2回目の観光「開国」と見ていた。

いま、準備をしていれば、必ず再び「観光立国」は甦る。
そう信じて、私も微力ながら時間を費やしている。
それが、私のテーマでもある地方再生にも繋がる可能性があるからだ。



温泉コムのサービスにご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォーム
施設名 *
代表者名 *
ご担当者
電話番号 *
メールアドレス *
ご興味あるサービス ※複数選択可(6件) *




下記個人情報の取扱いについて *
個人情報の取扱いについて


■ 個人情報の利用目的 ご入力いただき当社が取得した個人情報は、お問い合わせへの対応のために利用致します。

■ 個人情報の第三者提供について 本人の同意がある場合又は法令に基づく場合を除き、取得した個人情報を第三者に提供することはありません。

■ 個人情報の取扱いの委託について 取得した個人情報の取扱いの全部又は、一部を委託することはありません。

■ 開示対象個人情報の開示等および問い合わせ窓口について ご本人からの求めにより、当社が保有する開示対象個人情報の利用目的の通知・開示・訂正、追加又は削除・利用の停止、消去、第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)に応じます。 開示等に応ずる窓口は、以下の「お問合せ先」をご覧下さい。

■個人情報を提供されることの任意性について 当社に個人情報を提供されるかどうかは任意によるものですが、必要な個人情報をいただけない場合、ご連絡等が行えない場合があります。

■ 本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得 クッキーやウェブビーコン等を用いるなどして、本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得は行っておりません。

■ 個人情報の安全管理措置について 取得した個人情報については、漏洩、減失またはき損の防止と是正、その他個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。

■ 事業者の氏名または名称  温泉コム株式会社

■ 個人情報保護管理者  温泉コム株式会社 大竹仁一

■お問合せ先 温泉コム株式会社 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-7-2 TEL:03-5485-1311
受付時間10:00~18:00(土日祝日、年末年始を除く) FAX:03-5485-3500 E-mail:info@onsencom.jp