温泉旅館と周辺観光

最近、温泉宿のホームページ(以下HP)を見ると、本当にきれいになった。

画像も大きく、内容も分かりやすくなった。

スマホ時代の全盛ということもあり、レスポンシブWEBデザインが主流となった。

 

しかし、反面、どこも同じように見えてくるのは私だけであろうか。

 

デザインを手掛けるものは、レイアウトや内容を考えるディレクターが不在の場合、平面的な表現になってしまう。

デザイナー自身が、「旅人」でない場合が多いという理由もある。

 

それよりも、いまHPで一番物足りないと思うのは、いわゆる「周辺観光」というコンテンツだ。

 

日本人はともかく、いまやインバウンド、訪日外国人が年々増えている現状をみるとなおさらだ。

外国の方は、「県」とか「〇〇地方」という判別はしない。

近くに何があるかという「エリア」で見る。

海外旅行として、日本をみれば、多種多様な観光名所がある。

自然の景観の優れたところもいっぱいある。

 

そこのところを静止画の一枚の画像だけで紹介しているのは、なんとももったいない。

私からすれば、一番力を入れるべきコンテンツだと思う。

 

HPは、宿という「点」の魅力だけでなく、その周辺の魅力、すなわち「面」をアピールしなければならないと思う。

「周辺観光」の魅力は、「宿」自身の魅力でもあるからだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です